太陽光発電 仕組み

このページをつぶやく:

太陽光発電とは

太陽光発電は、太陽の光を電気エネルギーに変換する発電方法です。
火力発電や原子力発電などはエネルギーを作り出す資源が必要でしたが、太陽光発電は自然に湧き出るエネルギーを利用するため、地球に優しい発電方法です。

現在資源が少なくなっている事や、従来の発電方法のような汚染物質が地球に悪影響を与えることが無い為、風力発電や太陽光発電などの比較的クリーンなエネルギーが注目されています。

太陽光発電は未だ馴染みが薄いので不安思われる方も居るかもしれませんが、太陽光発電の仕組みは非常に良くできており、ただ単に、太陽の力で電気を作りそれを家庭に供給するだけの物ではありません。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電システム

太陽光発電に使われるソーラーパネルは、太陽光エネルギーを+と−の半導体に分けて引きつける事によって電気エネルギーを発生させる原理を用いています。
この時発生するのは直流電流ですが、パワーコンディショナーという周辺機器の力で一般的に用いられる交流電流に変換し、利用されているのです。

余剰分は売電出来る

太陽光発電そのものに蓄電機能は備わっていません。ただし電力会社を経由して発電量の余剰分を売る、不足分を買うなどすることで、実質フリーで電気エネルギーを使う事が出来ます。
環境によってある程度の誤差はありますが、売電量が上回るケースが多いです。

ソーラーパネル 原料

一般的な太陽電池はシリコンが原料です。資源量はほぼ制約が無いとされてます。
太陽電池のシリコン原料の生産技術は進歩しており、設備の製造時に必要なエネルギーやコストも大幅に削減されつつあります。

ライフサイクル中の全発電量に対し排出される温室効果ガスは、
太陽光発電が2009年で数十g-CO2/kWh。
化石燃料による排出量(日本平均690g-CO2/kWh)より桁違いに少ないのです。


また、ソーラーパネルの種類によって製法は様々に分けられます。
次のページに、代表的なソーラーパネルの種類を挙げます。