太陽光発電 発電量

このページをつぶやく:

太陽光発電 発電量

太陽光発電協会の発表では、1kWhの設備で年間で1000kWhの発電量が目安です。
もう少し詳しく見ていくと、以下のような計算式が成り立ちます。

太陽光発電 発電量 計算式

《日射面積(㎡)×変換効率(kW/㎡)=発電量(kW)》

単純な計算式です。
もし1時間の日射量と仮定すると、下のようになります。

《日射面積(㎡)×変換効率(kW/㎡)×1時間(h)=発電量(kWh)》

発電量はメーカーや種類、場所によって違う

設置するモジュールや場所次第で、年間の電気料の多くを太陽光発電で補う事が可能だと言えます。 最も適した場所は、真南に30度の傾斜。そして、モジュールの個体差も忘れてはいけません。

メーカーによって発電量(モジュール変換効率)が変わってきますし、温度や照射量の環境によっても得手不得手があります。

例えば、電柱などの障害物の多い場所であれば。
モジュールが結晶型の場合は直列回路の為、パネルの一部に影が被さると全体に影響が出るのです。 しかし、その点ソーラーフロンティアやホンダソルテックの化合物型は、モジュールが並列の回路なので、影の影響は一部分のみで発電する事が出来ます。

その分、化合物型はもともとの発電効率が高くないですが...

このようなメーカーごとの特色があるので太陽光発電 メーカーは一度目を通しておいてください。