太陽光発電 蓄電

このページをつぶやく:

太陽光発電 蓄電について

太陽光発電システムは、それ単体では蓄電機能を備えてません。
発生した電気はそのまま使用するか、送電線を経由して電力会社に売る事で無駄を無くしています。
基本的に「余剰分の電力を売る⇒足りない分の電力を買う」と言った金銭のやりとりのお陰で、蓄電装置は無くても役割的にはあまり問題なかったりします。

蓄電装置のメリット

蓄電装置を取り入れると、蓄電容量の分だけ太陽光発電の電力を貯めておくが出来ます。
これは他者に依存しない自立した電力なので、自分の好きなときに好きなタイミングで使えるようになります。
特に医療機器などの場合、停電は命に関わってきますので、蓄電装置はとても大切な役割を担います。

蓄電装置を取り入れる弊害

ただし蓄電池は高価なので、太陽光発電を設置する際に余計な出費となります。
そして可笑しな話ですが、太陽光発電と蓄電機能を両立させると売電価格が安くなってしまいます。 誰の陰謀でしょうか...?
なので、本来はあまり蓄電機能を取り入れる意味は有りません。

なお、停電時などは送電線が機能しないので、蓄電機能は緊急時に重宝するでしょう。

太陽光発電+蓄電装置の開発



近年、家庭用で太陽光発電と蓄電装置のメリットを活かした新製品の開発が行われました。 株式会社ファクトというソーラーパネルと蓄電池の卸業者が設計し、商品化に成功しています。 もともとの原価が卸値そのまま製品化されてるので、普通に部品を買うよりも格段に安い。
今、最も注目されてる製品です。

蓄電式太陽光発電システム

小規模の家庭用ソーラーパネルに蓄電装置を付加した新しい商品。
従来は一戸建ての屋根など、ソーラーパネルの設置場所が非常に限られていたのですが、 この「蓄電式太陽光発電システム」なら機能が独立出来ているので
マンションのベランダや自宅のお庭などにも導入する事も可能です
特に医療機器を使用されてる方は、電源の有無が命に関わってきますから
万一の備えとしてもオススメの製品になってきます。


詳しく⇒太陽光発電蓄電システム