太陽光発電 停電時

このページをつぶやく:

太陽光発電 停電時

3月11日に起こった大震災で、停電時に上手く太陽光発電を利用出来ないかと思った人も多いと思います。今回は、そのような非常時に太陽光発電をうまく活用する方法について解説します。

パワーコンディショナーと自立運転

知っておいて欲しいのは、停電になった時「パワーコンディショナー(パワコン)」という機器が自動的に止まるということです。系統側(電力会社による供給側)から電気が流れてこないことを感知するような仕組みがあって、停電を認識するとその瞬間にパワコンの運転も止まるようになっています。

停電の時に各家庭の太陽光発電からの電気が公の場に流れてしまうと、故障した箇所にも電気が流れてしまい、感電や火災などの危険性があるからです。


ですので、停電した場合、今までのように太陽光発電の電気を使うことはできなくなります。 ただし、太陽電池は日照さえあれば発電を続けます。この電気をただ捨ててしまうのはもったいないことです。そこでパワコンには非常用に使えるコンセントがついていて、この1か所だけは非常用電源として使うことができるのです。これを「自立運転」機能といい、このコンセントを「自立運転コンセント」と呼びます。

パワーコンディショナーの確認

パワコンには大きく分けて屋内型と屋外型の2種類があります。
通常、屋内型のパワコンの場合はパワコン本体の右側にコンセントがついています。
屋外型は、洗面所や廊下などに非常用コンセントを別途設けてある場合が多いです。

どの場所に自立運転コンセントがあるか前もって確認しておき、いざという時に慌てないようにしましょう。


機器ごとの自立運転コンセントの場所や使い方などは、各メーカーのウェブサイトなどでも知ることができます。また、環境省や東京都、特定非営利活動法人(NPO法人)太陽光発電所ネットワークのウェブサイトなどでも、自立運転に関連した具体的な情報が載っています。

自立運転コンセントについて

使えるのは最大1.5kWまで、切り替えは手動で。
停電時に重宝する自立運転機能ですが、この機能を使うにはいくつか注意する点があります。

1.使えるのは1回路のみ、最大でも1500Wまで

パワコンの機能そのものは停電と同時に一旦ストップしますので、家の中全体で電気を使えるわけではありません。あくまで1つのコンセントを使えるだけになります。その容量も通常は最大1500Wまでです。3kW、4kWのシステムを設置していても、1500W(1.5kW)までです。1.5kW以下のシステムの場合は、その最大容量までしか使うことができません。

2.手動での操作が必要

 自立運転機能を使うためには手動の操作が必要です。操作方法はメーカーや機種によって異なりますので、各メーカーの自立運転への切り替え方法を取扱説明書などで確認してください。取扱説明書の操作方法の部分をコピーしてパワコンの近くに貼っておくと、「いざ」という時に困りません。

3.天候次第なので不安定、夜は使えない

 太陽光発電は、当然ですが天気が悪ければ使えません。自立運転コンセントに機器をつないでいる途中でも、天気が悪くなって使えなくなるということもあります。夜も当然使えません。

デスクトップパソコンなど使用中に電源が落ちると困るような危機は原則接続しないことです(蓄電機能のあるノートパソコンは可)。特に生命にかかわる器具は、突然電源が落ちる危険性がありますので、絶対に使用を避けてください。このように自立運転には限界がありますので、そういう限界を知ったうえで使うことが必要です。

4.大きな起動電力を必要とする機器には使えない

 エアコンや電動モーターなど、電気器具には始動時に大きな電流(突入電流)が流れるものがあります。こういった機器は使用することができません。

5.復帰にも操作が必要

自立運転にするにはその都度操作が必要ですが、停電が終わって復帰した際にも通常の「連系運転」に手動で戻す操作が必要になります。連系運転への切り替え操作を忘れてしまうと、せっかく発電しているのに売電できないということになってしまうのです。

ちなみに、停電時に自立運転に切り替えないでそのままにしておいた場合は、停電終了後、自動的に連系運転に復帰しますので操作はいりません。

太陽光発電 災害時のまとめ

停電時の電力は天候次第であり、容量に限界もあるので、自立運転機能に過度に期待するのは禁物。この機能のために太陽光発電を導入するのも的外れです。あくまで停電時にも少しだけ使えるというおまけ要素に過ぎません。

しかし、震災時のように全く電気が使えない場合に、少しでも電気が使えるというのは大変重宝するものですし、この機能のおかげで通信手段を確保でき、安否を確認できたという例もあります。あくまで非常用電源として緊急避難的に使用するべきもので、その限界を知ったうえで上手に活用していくといいのではないでしょうか。


1500Wまでの機器しか使用出来ないですから、使用できる機器はかなり限られてきます。テレビとか携帯充電とか必要最小限の機器のみに限定されます。

そもそも、コンセントの位置によって制限がより大きくなります。

自立運転コンセントの設置場所は予め業者と調整して使い易い場所に設置しましょう

たった1500wといえども、ライフラインが途絶えた状況で電気が使用できるということはかなりのメリットがあります。

1500wあれば、テレビ、ラジオをつけて、ケータイの充電をしてもまだ余るほどあります。 使い切れない分はインバーター搭載の非常用ポータブル電源に蓄えておけば、夜電力を取り出して使うことができます。
そうすれば、暗闇に明かりをともすこともできるし連絡手段(ケータイ)、情報収集(ラジオ等)も確保できる。それだけで全然安心感が違いますよね。

まあ、そんな非常事態はそうそう起こるものではありませんが、備えあれば憂いなし。いつか役に立つかもしれません。