太陽光発電 オール電化

このページをつぶやく:

オール電化について

オール電化というのはガスを一切使わず、エコキュートやIHクッキングヒーターを使う事で、総合的に光熱費を安くしたり、廃棄ガスを減らす事で環境を少しでも良くする狙いがあります。

オール電化に伴う弊害

太陽光発電を導入する際、業者によってはオール電化を勧められる場合もあると思います。 ですが、オール電化に伴うリスクが少なからず存在します。

それは電磁波による健康問題です。
電磁波の影響と対策については以下が参考になります。

電磁波の影響と対策

電磁波による弊害

ペースメーカーをしてらっしゃる方は導入を控えるのが賢明でしょう。
電磁波が人体に与える影響は未知数であり「徐々に健康を害する」

といった見解があるのは事実です。

もし何も知らずにオール電化を導入していたら、
このような情報が耳に入った時、少なからず心身に悪影響を与えてしまいかねません。


病は気からと言われますが、神経症や心身症のような不安から本当にバランスを壊し、疾患に移行し、さらに発がんを誘発する可能性も少なからず増えてしまうでしょう。

そのことによってのみ、電磁波は心身に影響を与えているのかもしれません。
なのでこういった情報は、心に留めておいてください。
だからと言って、オール電化に反対しているわけではありません。

ちなみに太陽光発電は直流電流なので、コンデンサで交流に変換される前は電磁波を生じることはありません。

電磁波の影響力

電磁波の強さは、距離の2乗か3乗に反比例します。
ということは、なるべくIHヒーターから離れていた方が良いというのが分かります。
電磁波の強さの単位は(mG:ミリガウス)

87年米国サビッツ博士の研究より
「2mG以上の磁場で、小児白血病が1.93倍、小児筋肉腫瘍3,26倍」と発表

93年、スェーデンのアールボム博士より
「2mG以上で、小児白血病2.1倍、小児脳腫瘍1.5倍」という北欧3カ国の集計結果


以上を目安に、電磁波は2mgを超えない程度に抑えておきたいという判断。


電磁波の測定結果の目安

製品によって誤差がありますので、目安です。
電磁波も周波数で違いますので。そこも考慮する必要はあります。
電磁波元周波数1センチ30センチ50センチ
IH調理器(2500W)300~3KHz(低周波)100mG以上4mG1.5mG
IH調理器(1000W)300~3KHz(低周波)55mG3mG1mG
電子レンジ(オン)3~0.3GHz(マイクロ波)25mG14mG6mG
電子レンジ(オフ)3~0.3GHz(マイクロ波)4mG1mG1mG